精神疾患パニック障害の体験記

パニック障害の発症から完治までを時系列で綴ったノンフィクションブログ

診療内科

抗不安薬を服用開始後では最初の心療内科訪院(第60話)

60hedgehog_e

さて、日付けは2008年9月16日、抗不安薬を服用開始後では最初の心療内科訪院となります。血液検査をした後は、先生と今後の治療法についての相談です。当面は精神安定剤を頓服としてお守り代わりに携帯しながら、現在10ミリグラムを服用中の抗不安薬を本日夜から20ミリグラムへ増量するというプランとなりました。20ミリグラムといいましても、10ミリグラムを二錠服用するのですけどね。
抗不安薬服用開始から5日目
抗不安薬を服用開始から5日目ですが、たしかにこの薬は私の脳内に対して、薬効を発揮していると感じることが出来ます。「ジワ~~」という感覚ですね。例えるなら氷が溶けて少しずつ水になっていくという感覚より、水が冷凍庫の中でゆっくりと氷になっていく感じですか?健康になるという例えだと氷が溶けるとなるのでしょうが、脳内物質セロトニンがどうのこうのを例えると水が凍って氷になるほうが感覚的に適切に思えます。眠たい時にカフェインを含んだ飲み物を飲んで眠気と闘う経験は皆さんもあると思いますが、それに近い感じかもしれません。じゃあ、最初から眠気を例えに引用すればと思うかもしれませんが、そこは文才の無さ・・・・ご理解をお願いします。
ここ最近では抗不安薬が活躍しているので、パニック発作や予期不安、広場恐怖とは無縁と思われるかもしれませんが、そうではないのです。予期不安や広場恐怖は相変わらず生活に影を落としています。予期不安に我慢できずに精神安定剤を服用していますが、その容量を変えました。0.5ミリ錠の精神安定剤をアルミホイールの上で包丁で半分に切断して、0.25ミリの服用に減薬しています。なぜアルミホイールの上かと言いますと、上手に割れずに細かな破片や微細な粉状になってしまうからです。形状は変わっても問題ありません。アルミホイールに残った破片の精神安定剤は自宅で使用します。さすがにアルミホイールの中の白い粉状の薬を外出先で服用すると、ちょっと他人が見たら怪しげな薬を使用していると勘違いされますからね。
精神安定剤依存症?
しかしまあ、現在の状況といいますと、完全に精神安定剤依存症です。精神安定剤が切れると、プリズンブレイクのマホーン状態になりますが、大丈夫なんでしょうかね?アメリカのテレビドラマ「プリズンブレイク」の登場人物でマホーンという名のFBI捜査官がいるのですが、彼もなにやら強烈な精神安定剤を使用しているという設定なのですが、禁断症状が苦しそうです。精神安定剤はそのような怪しげな薬ではないので、幻覚や幻聴を引き起こすことはありませんが、依存を形成してしまうと連続服用から抜け出せなくなります。精神的に依存してしまうと言ったほうが適切かもしれません。具体的な表現をすれば、精神安定剤を服用することに対して抵抗感がなくなるというか、疑問を持たなくなります。この夏の体調不良の原因の何割かはパニック障害というよりは精神安定剤の連続服用が原因ではと考え始めています。抗不安薬の服用で予期不安やパニック発作がある程度抑えることができるようになったら、精神安定剤の禁薬をしたほうがいいのかなと考え始めています。

ついに登場 新薬の抗不安薬 その1(第56話)

56palm tree_e

時は2008年9月9日、どうにもならない体調悪化に苦しむ中、担当の先生から別の薬を試してみようかと提案を受けました。実は○○こころのクリニックを訪問した初期の頃に、すでに同様のお話があったのですが、私の方がそれを拒絶していたのです。第53話の心理テストの結果をご覧になられると分かると思いますが、私は思い込んでしまうとしばらくの間は考え方を変えない性格ですので、抗不安薬に関しては使用を断っていたのです。
断っていた理由は二つほどあります。一つは私が薬に対してあまり良い印象を持っていないからです。風邪を引いた時に服用した抗生物質の副作用もしくはアレルギーのせいで全身にじんましんが出た経験があり、それ以来、薬に対して好意を持てなかったのです。 えっ? いつ頃の話?
てへ、5歳の時の出来事です(笑)
もうひとつの理由としては、自分は決して精神的に弱い訳ではなく、それを実証するためには抗不安薬の服用はしたくないと変に強がっていたからです。アニメ「機動戦士ガンダム」で例えるならセイラ・マスがカイ・シデンに言った言葉「それでも男ですか!軟弱者!」って感じなんですが、5歳の頃の出来事と理由のない強がりで抗不安薬の使用をためらっていたとは、なんとも軟弱者ですね。
ついに登場! 2008年当時の最先端新薬 抗不安薬
しかし、状況的にはどうにもならないので、先生には「うむ、そうしてくれ」と平然と答えましたが、内心ドッキドキです。インターネット上にある情報からの知識だと複数種類の抗不安薬があるのは知っていましたが、先生がどれを提案してくるのか不安だったのですが、サラッと「新薬の抗不安薬にしましょうか?」と言われました。「うむ、それでいいだろう」と答えたかは記憶にありませんが、「はあああ、ついに抗不安薬か・・・」と思った事は事実です。
先生からこの抗不安薬(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)という薬は、服用後24時間以上も薬効が体内に蓄積されるタイプのお薬で、長期間の服用を前提とした薬ですと説明を受けました。つまり連続服用をすることにより体内に薬効が蓄積され続けて、効果を発揮するタイプの薬ということです。先生が「精神安定剤は一錠当たりが安い薬でしたが、この新薬の欠点は非常に高価なんだよね~」と言われました。そうはいっても、もうこのニュータイプの薬を試すしか方法はなさそうです。さらに先生が「抗不安薬は効果が出る人と出ない人が明確に分かれますので、確率的には50%で効果がでますよ」と説明をされました。要はパニック障害の原因が脳内物質セロトニンの分泌低下によるもので、その点に対して抗不安薬が効果を発揮する可能性は人によりけりということですね。なんとも微妙な50%です。

心理検査結果報告書(ロールシャッハテスト)(第53話)

53psychology_e

体調不良が改善されない中、心療内科へ通院しているのですが、担当の先生から心理検査を受けて見てはどうかと勧められました。先生曰く「このテストを受けたからと言ってパニック障害が治るというものではないが、自分自身でも気付かない自分の性格や性質が分かることもあるから、治療の参考になることもあるよ」とのことでした。費用はたしか2000円前後だったと記憶しています。心理療法士とかいう肩書の方と会話やテストを約1時間ほど受けますと、次回の診察の時にレポートが貰えます。下記はそのレポート文章となります。
このレポートを見て私がどう感じたかは当ブログでは記載しませんが、このような事も心療内科では実施していますという説明になればと思います。このレポートが皆さまの参考になればと思いますが、どうなんでしょうか? このレポートを読んだ後、パニック障害がすぐに治ったよ~~なんてことには・・・・なりませんでした(笑)。
心理検査結果報告書(ロールシャッハテスト)
テスト結果を読む前に・・・
この結果はあくまでテスト上のものです。ロールシャッハテストは、いつ受けても比較的変化の少ないテストだといわれていますが、テストという特別な場面での結果であり、その時の気持ちや状況の影響もあります。良い悪いではなく「私にはこんな傾向もあるのか」というように結果を見ていただき、今後の性格の把握や治療に役立てていただければと思います。
動揺させられ圧倒されているような場面でも、”全く意味がない”と動揺させる対象を価値下げすることによって同様させられていること自体を大したことでない、あるいは、なかったことのように捉えることによって強がってしまうようです。日頃なかったことにされてきた恐怖感のような様々な情緒は、抑圧が弛む入眠時に突然よみがえったり、身体の硬直や動悸等のような症状へ置き換えられることが考えられます。
強く感情が刺激されるような場面でも強く抑圧されていて、情緒をほとんど表に現すことはないようですが、受け入れ難い現実や他者をありのままに受け入れることは難しく、現実を歪めて自己流に解釈していくようです。また、主観的な見方を強調していくため、自分の考えを他人に理解してもらうのは難しいと感じているのかもしれません。
出来事を疑う方向へ拡大解釈し、とても強い不安感があることから、常に切迫した思いに縛られていることが推測されます。もしかしたら辞職に至った体調不良の背後には、経済的な不安や責任の重さのような現実的な不安感といった何かしらの心理要因があったことが考えられます。一般的に、ちょっとした生活の変化によっても様々な気持ちが動くといわれています。

パニック障害を考察してみます その1(第46話)

46igarashi_e

今回はいよいよこの当ブログタイトルにも記載されています「パニック障害の考察」の第一回目となります。なにやら考察という言葉から論文形式の記述かと思われるかもしれませんが、「あはは、あんちゃって考察」ですので、ちょっと深く考えるといった感じだと思ってください(笑) (お薬に対する感想は個人差があると思いますので、あくまで私個人の服用に対する感想ですから、その点はご了承ください。)
パニック障害のある生活をグラフにすると?
前々回(第43話)前回(第44話)にてこのように書きました。①私の持っている薬はパニック障害を根治するといったタイプの薬ではないのです。②精神安定剤の薬効は6時間。この二点に沿ってお話を進めたいと思います。
まず当ブログではパニック発作を三段階にレベル分けしました(第5話)。小発作・中発作・大発作です。そして今回はそれにゲームでいうHP(ヒットポイント)みたいなのを設定したいと思います。発作レベルと表現した方が良いかもしれません。小発作はレベル6、中発作はレベル8、大発作はレベルMAXの10となります。あと予期不安と広場恐怖にも数値をあてはめたいと思います。予期不安はレベル4、広場恐怖はレベル2としましょう。
では、このHP(ヒットポイント又は発作レベル)を持つ病気の症状に戦いを挑む戦士の登場です。当然と言えば当然ですが、精神安定剤君の登場です。彼は超強力作用の素晴らしい戦士ですが、戦える時間は6時間です。戦闘開始(服用後)からわずか数分で広場恐怖からレベルMAXの大発作までを完全に抑え込んでしまいますので、戦闘力は10とします。
さて、健康な人の一日を図で表現すると下記のようになります。

46normal_e


次にパニック障害の人の一日を図で表現するとこのようになります。

46panic_e



う~ん、かえって分かり辛いかもしれませんが、こんな感じです。このパニック障害の人の場合だと、午前11時から広場恐怖が始まって午後の14時から予期不安が発生したということです。
さて、私がこの病気になった初期の頃は、数日に一回ほどの予期不安程度だったのですが、退職の頃には広場恐怖と予期不安のコンボで、上記の表のような状態となっていました。精神安定剤を服用すればレベル4の予期不安だろうが、レベル10の大発作でも完全に封じ込めますが、これは精神安定剤が病気を根治させているのではなく、精神安定剤の有効時間内だけ無理やりに押しこめているのです。それでも、あの苦しい発作からすぐに解放されるのですから、パニック発作に苦しむ人にとっては、必須のお薬だと思います。
私は、2008年1月から精神安定剤を頓服という形で服用を開始したのですが、2008年の5月頃に、精神安定剤の薬効が切れた瞬間が分かるようになりました。このことから推測できることがいくつかありますので、それを述べたいと思います。まず第一に、初期の頃は一日の中で体調不良の時間が6時間未満だったので、薬効が切れた時は予期不安も広場恐怖もなく、いつ薬効が切れたのかわからない可能性です。恐らく健康な人や、今現在の私みたいにほぼ完治している人が精神安定剤を服用しても、薬効が切れた瞬間など分からないと思います。上記の表だと15時の苦しみの絶頂で服用すれば、21時までは薬効が持続していますから薬効が切れた時は通常状態なので、薬効が切れた瞬間がわからないということです。
第二に、精神安定剤に対する依存の形成です。このお薬は素早く効いて後に残らないという性質のお薬ですから安全性が高いのですが、それは逆に依存を形成しやすいのです。薬効の切れた瞬間がわかるようになったということは、体や脳が精神安定剤に依存し始めている兆候とも考えられます。「別に依存してもいいんじゃね?」と当時は思っていましたが、精神安定剤を連続服用していると、パニック障害の病状が悪化していても、分かり辛くなる気がします。例えるなら出血しているのに治療せず、輸血をしているような感じですかね?
ついのこの名前が登場! 抗不安薬
医薬品に関して素人の私でも、精神安定剤だけでこの状況を打破するのは難しいのかなと考えるようになったのもこの2008年5月頃です。そうすると、世の中には頭の良い方が居られるのですね。「じゃあ、長時間体内に薬効成分が留まって、攻撃力5くらいのダメージを与え続ける薬を作ればいいんじゃね?」と思われたかは知りませんが、そのような薬を世の中に出した人々がいたんですね、これが(笑)。
それらのタイプのお薬は抗不安薬というタイプのお薬です。なにやら怪しげな名前ですが、ニュータイプのお薬です。精神安定剤をガンダムで例えると「連邦軍のモビルスーツガンダムが所持している最強武器ビームライフル」となるのですが、抗不安薬は「ララアの意識の共鳴」って感じですかね?余計に分かりづらいのですが、閲覧者の方は抗不安薬をご自身で検索してみてください。まあ、いろいろと良いこと悪いことが書かれています。抗不安薬に関するウイキペディアを読んでいると、副作用のことや裁判のことなど、とにかく服用を躊躇しそうな内容ばかりです。1999年のアメリカで起きたコロンバイン高校銃乱射事件の犯人二人組の高校生がこのタイプの薬を大量に服用していたことは有名な話です。
最終的に私もこのニュータイプ抗不安薬のお世話になるのですが、その薬の存在自体は2008年5月の時点で知っていました。当然わたしの通院している○○こころのクリニックの先生もこの薬のことは私に説明はされています。しかし、当面の治療方針としてはそれは使用しないで頑張ってみましょうということになっていたのです。私の治療方針は「無職でストレスフリー、ジョギングとヨガで体力作り、のんびり気ままな生活と頓服精神安定剤」だったのです(笑)。ですので、まだまだこの抗不安薬はこのブログのお話には登場しません。
この2008年5月頃を境に、これから先2008年秋までがず~と体調が下り坂となっていくのです。ただ単に予期不安だとか広場恐怖といった症状だけでなく、その他の症状が出てきます。はたしてそれが薬の副作用なのか、病状の悪化なのかは、2016年の今現在でも断定できる言葉は見つかりません。いろいろな原因が複雑に絡み合っての病状だとは思いますが、これからの数カ月が本当の地獄となるのです。

当面の治療方針は様子見だそうです(第45話)

45reservation_e

久しぶりに心療内科へ
頓服という形で服用中の精神安定剤ですが、一日に複数回服用することがあるので、錠剤の残りが少なくなってきました。次回の予約日まで持ちそうもないので○○こころのクリニックへ予約日の変更のお願いをします。一度心療内科の患者になってしまえば、予約の変更などは割と聞き入れて貰えるようです。「いつがご都合がよろしいですか?」と聞かれますが、「無職なのでいつでも構いませんよ」と答えます。このあたりが無職で治療に専念している利点ですね。病気を中心に生活が回っています。
久しぶりの病院ですが、相変わらず他の患者さんと会うことは少ないですね。予約制ですから当然と言えば当然なのですが、ほんとうは他のパニック障害の患者さんに会えたら、いろいろとお話が聞けて参考になるので、他の患者さんとお会いすることを期待していたのですが、そう都合良くはいきませんね。数名の方とお話ができましたが、うつ病の方でしたので参考にならなかったです。
こちらはパニック障害ですから、予期不安で具合が悪く、長椅子に仰向けでひっくり返って苦しみながら順番を待っていますが、うつ病の方はきちんと座って静かに順番待ちをしています。気になるのは、うつ病の方はなんとなく元気が無いことです。見ていて気の毒に思います。
今後の治療方針は?
さて、自分の番がやってきました。先生に近況を報告すると、先生は錠剤の数を増やしましょうかと聞いてきます。当然増やしてもらわないと足りませんので、即答で「よろしくお願いします」と答えます。今後の治療法についてもお話があったのですが、もう少し様子を見ながら経過観察をしましょうということになりました。私が「もう少しガツンと治らないのですか?」と聞くと、「ははは、そりゃあ無理ですよ~」と一蹴されてしまいました。どうやらガツン、ドカンと一気に治るような病気じゃないみたいですね。
退職してから二カ月も経過していないので、慌てずにじっくり治していきましょうということですね。こりゃあ、大変だというのが率直な気持ちでした。退職してもこの有様なのに、引き続き働いていたらどうなっていたかと思うとぞっとします。その点では私は恵まれていると感じました。待合室でちょっとだけお話したうつ病の方は、現在も働きながら通院されているそうですが、かなり大変そうに見えましたからね。勤務先によっては休職できそうもない職場もありますから、精神疾患を患うと大変です。
訪問者数 ユニークユーザ数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
記事検索
Amazon.co.jpアソシエイト
アクセスランキング(直近の30日間)
にほんブログ村ランキング
人気ブログランキング
フェイスブックページ
Twitter プロフィール