精神疾患パニック障害の体験記

パニック障害の発症から完治までを時系列で綴ったノンフィクションブログ。どうすれば良いかといったことを示唆するのではなく、純粋に筆者が体験した事例を時系列で記述しています。いろいろと悩みは多いと思いますが、参考事例としてお役に立てればと思います。

自己紹介

パニック障害と仕事(第22話)

ビジネスマン

仕事をしようと思い当然履歴書を書きますが、さすがに13年間続けた仕事を退職した理由は、面接の時に聞かれます。私は自信を持って、履歴書に「一身上の都合により退職」とは書かずに、「精神疾患パニック障害のため退職」と職歴欄に書いていましたが、恐らくこれが不採用の主な原因だと思います。

いや、そう信じたいです。決してパニック障害以外の理由で不採用になったとは思いたくないですね(笑)。まあそれでも、履歴書に堂々と精神疾患を患っていましたと記載されていては、採用には至らない可能性の方が高いかもしれませんね。ははは。

大企業では全社員の1%以上が休職中?

最近では大企業の場合、全社員の中で常に1%~3%の方が精神疾患で休職中という記事を読んだことがあります。ですので大企業では、精神疾患の社員を閑散職へ追いやるという昔の方針は影を潜め、積極的に精神疾患を患った社員を支援して、再戦力化の方向へ舵取りを変化させつつあると伺った事があります。

問題は従業員数の少ない会社や職場の場合ですね。数年もの間、いくら病気とはいえ休職されては雇用者サイドとしては困ると思います。休職、復職を繰り返すケースもあると思われます。企業の経営規模によってはとても受け入れがたいかもしれません。しかし、当記事が多少なりとも病気に対する理解の手助けになれば、雇用者と被雇用者の間での話し合いも行いやすくなるのではないのでしょうか?

私の闘病記事を書き終えたら、いろいろな角度からパニック障害と生活というテーマで仕事やライフスタイルについて考察したいと思っていますので、当面はだらだらと続く私の体験談ですが、よろしくお付き合いください。私の経験を事細かに記載するのは、多少恥ずかしい面もあります。それでも記事全体が訪問者の方すべてに有益な情報を提供していないかもしれませんが、部分的にでも当ブログ訪問者様のパニック障害に対する理解が深まるのであればいいかなと感じながら、連載を続けています。

治療に必要なのは時間?(第21話)

お寿司

前回、前々回の投稿ではパニック障害患者が避けたいと思う状況をいくつか取り上げました。今後の投稿の予定としては、パニック大発作、二度目の心療内科受診、そして退職、通院生活、お薬の副作用といった大まかな順序で記事を書いていく予定となっています。パニック障害の治療法や私が試してどの程度効果があったかなども記載していく予定です。

ここまでお読みになられてどうだったでしょうか? 精神疾患経験者の方は「あるある」と笑いながら読まれたページもあったと思いますし、今現在病気を患っている方はあまり楽しくない閲覧かもしれませんね。私はお医者さんではありませんから自分の経験で語るしかないのですが、パニック障害は治る病気だと考えています。

パニック障害の治療には時間が必要?

治療に必要なものはやはり時間ではないでしょうか?仮に今の私は99%回復しているとして、どの要素が病気を快方に向けたのかと分析すると、なかなか難しい面があります。時間の経過が重要な要素だとすると、退職しなくても快方に向かったと考えられますし、仕事を続けたが為に重篤化する患者さんがいるのも事実です。

テレビの収録等で極度の緊張を強いられると思われる芸能人の方の中にも、パニック障害の方が居られるのはご存知でしょうか?パニック障害がかなり治った状態で、「実は私はパニック障害を患っていました」と公表する方が多いのですが、そういった方の体験談等をブログなどで拝見すると2年~8年くらいは苦しい期間が続いたように書かれていた方が多いと私は感じました。実際に私もそれくらいの期間でした。様子がおかしくなり始めてから、どん底に達するまでが約18か月くらいですかね。そこからは右肩上がりに予期不安の頻度が低くなります。

そしてアルバイトでもしようかなと思い、回転すしのチェーン店で働いたのが社会復帰の一番最初のステップでした。まあ、3週間で辞めましたけどね。社会復帰といいましても私の場合は、基本的に正社員で働く事には興味が無くなりましたので、退職後からの約9年間は一度も正社員で働いたことはありません。もっとも私の場合、応募したことはあるのですが不採用ばかりですので、どちらかというと社会の方から拒否されたと表現した方が適切でしょう(笑)。

広場恐怖の具体例 電車の中(第17話)

鉄道とホーム

電車の中

社会人や学生として生活していく上で、通勤・通学の交通手段として電車はとても重要です。東京や大阪といった大都市圏に居住している場合は、ほとんどの方が利用するのではないのでしょうか?特に東京などの場合、片道30分から1時間は乗車していることが多く、パニック障害患者にとって悪夢の乗り物となります。

電車の種別で急行・快速・特急などは、電車の扉が次の駅まで5分~10分以上開かないので、パニック障害患者はこれら種別の電車を避けようとします。結果的に普通電車しか乗ることが出来ないようになります。調子が良ければ目的地まで途中下車しないで行けますが、予期不安などが発生してしまうと、何度も何度も途中下車をして休憩をしてしまいます。

こうなりますと片道30分の行程が片道2時間になってしまうこともあり、仕事に遅刻する回数が増えてしまいます。遅刻を避けるためにかなり早めに自宅を出発することとなり、始発電車で通勤なんて方は大変多いのではないでしょうか?

これらの理由から移動に多くの時間が取られてしまうため、社会生活を送るのが困難になるケースが多々あります。病名が判明していて、それを会社へ報告し、職場の理解を得ているようなケースの方は就業を継続することができますが、精神疾患を隠して働かなくてはならない職場環境の場合、電車通勤を避けるために職場近くへの転居を検討するようになります。

しかし、独身一人暮らしなら転居も簡単ですが既婚者の家庭持ちですと、職場近くと言っても職場が都内中心部の場合は家賃が高すぎて払えないため、どうすることもできません。パニック障害患者にとって電車の中は、大変恐ろしい空間なのです。

私の経験としましては、通院に電車を使っていたのですが、途中下車は日常茶飯事でした。電車の中でのポジションは必ず扉の正面と決まっていました。電車内で予期不安の最中などは、どうしても外の空気が吸いたくなりますが、実際には吸えません。でも、とても苦しいので強引に扉のゴムの部分を手でこじ開けて外の空気を吸おうとしてもがくことなどがあり、明らかに挙動不審です。

体調不良初期 なんとなく(第3話)

春の森林

事務員さんや他の社員さんの反応は、「嫌だなあ支店長(私のこと)、虫の予感ってやつですか?」みたいな感じで、誰も私の変化に気がつくことはありませんでした。自分自身が当時まだ、精神疾患というカテゴリーの病気を発症しつつあるなんて考えたことも無いので、他人が私の変化に気がつくはずはないですよね。
そして案の定というか、社員の誰かが競馬で損をしたり、パチンコで負けたりして、社員曰く「支店長の悪い予感って当たりますね」なんて、社内で皆で笑ったりしていたのです。そりゃあ、32名もいれば誰かしら不運に見舞われますからね。

少しずつ体調がおかしくなる生活風景

そんなこんなで平穏に過ごしていたのですが、いつ頃からか、気分転換にシャワーを浴びる回数が増えていきました。職場と自宅が歩いて30秒の距離の為、なんとなく気分がスッキリしない時は、会社を出て、公園でのんびりとしたり、自宅に戻ってシャワーを浴びたりといった変な行動が少しずつですが、増えていることは自分でもぼんやりと認識はしていました。

ほんとに極めて初期の段階での、このパニック障害という病気には、「なんとなく」と言った言葉が病気の症状に一番マッチしますね。なんとなくシャワーを浴びたり、なんとなく公園に散歩に行く。まだまだ病気の認識はありません。決して毎日症状が出ることは無く、最初の内は、三か月に一回、二か月に一回といった感じで、三か月あれば当然季節も変化する訳でして、前回の症状と今回の症状に共通点があるとは思いもしません。

私は割と体調不良の時には、すぐに病院へ行くタイプの人間なのですが、パニック障害初期の段階では、病気という認識すらありませんので、この段階では、病院通いはまだ始まっていません。現代は情報化社会なので、当然私もうつ病という病名を知っていましたし、社員にも心療内科へ通っている方もいたので、精神疾患という病気のことは認識はしていました。

18歳の頃、自律神経失調症と診断された事

何を隠そう、私は高校3年生の頃、原因不明のめまいの症状で約2カ月苦しんだ経験があり、その時は脳神経外科でレントゲンを撮ったりして、医者から告げられたことと言えば、「受験を前にして、このような症状がでているんじゃないかなあ」と言われたことがありました。病名的には自律神経失調症というようなことを言われたような記憶があります。

今の20代以下の若い方はあまり聞き慣れない言葉だと思いますが、自律神経失調症という言葉は、30代以上の世代の方はよく聞かれた方も多いのではないのでしょうか?一昔前までは原因不明の体調不良の患者が医者にかかると、いろいろと検査した結果、どこにも異常はありませんよとなり、医者から告げられる病名として、一般的でした。「あまりクヨクヨせずに、楽観的に過ごしなさい」といった、魔法の言葉の処方箋?を医者から頂いて、帰宅された方も多かったと思います。

自己紹介から始めますね(第1話)

1hospital


はじめまして、賢狼パニ(・∀・)(ぱにたん)といいます。

はじめまして。私は精神疾患パニック障害を33歳のころに患いました。もう9年ほどになりますが、ほぼ完治しています。私のこの病気に対する経験や考え方、あの時こうすればよかったかな?など、実体験に基づき時系列で記事を書きたいと考えています。

読者の方自身が自分の症状はひょっとしてパニック障害かなとお考えの方や、体調がすぐれないが何か病気かな?等、思い当たる方が居られましたら、私の過去の症状と比較されて、ご自身の病名をご判断(目星をつける)して頂ければと思います。

又、ご親族やご友人、職場の同僚の方で、あなた様から見て、このブログに記載しているような態度や行動が見受けられる場合は、(こっそりとですが)その方をしっかりと観察していただき、心療内科への受診をお勧めして頂くか、このブログの記事をその方へ見せていただき、どの程度、私の過去の症状と一致するかを尋ねてはどうでしょうか?

その際、決して病名を断言するような発言だけは控えてくださいね。私もそうですが、読者の方も恐らくはお医者さんではありません。精神疾患と一言に言っても、結構種類がありまして、診察を下すのはお医者さんに任せてくださいね。

では、なぜ私が自分の経験等をこのブログで書くかと言いますと、精神疾患ならでわの理由があるのです。実はこの病気、初診で病院へ行っても、病名を教えてもらえないのです。 とても重要なので繰り返しますね。初診で病院へ行っても、病名を教えてもらえないのです。
訪問者数 ユニークユーザ数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
記事検索
Amazon.co.jpアソシエイト
アクセスランキング(直近の30日間)
にほんブログ村ランキング
人気ブログランキング
フェイスブックページ
Twitter プロフィール