精神疾患パニック障害の体験記

パニック障害の発症から完治までを時系列で綴ったノンフィクションブログ

精神疾患全般について

心理検査結果報告書(ロールシャッハテスト)(第53話)

53psychology_e

体調不良が改善されない中、心療内科へ通院しているのですが、担当の先生から心理検査を受けて見てはどうかと勧められました。先生曰く「このテストを受けたからと言ってパニック障害が治るというものではないが、自分自身でも気付かない自分の性格や性質が分かることもあるから、治療の参考になることもあるよ」とのことでした。費用はたしか2000円前後だったと記憶しています。心理療法士とかいう肩書の方と会話やテストを約1時間ほど受けますと、次回の診察の時にレポートが貰えます。下記はそのレポート文章となります。
このレポートを見て私がどう感じたかは当ブログでは記載しませんが、このような事も心療内科では実施していますという説明になればと思います。このレポートが皆さまの参考になればと思いますが、どうなんでしょうか? このレポートを読んだ後、パニック障害がすぐに治ったよ~~なんてことには・・・・なりませんでした(笑)。
心理検査結果報告書(ロールシャッハテスト)
テスト結果を読む前に・・・
この結果はあくまでテスト上のものです。ロールシャッハテストは、いつ受けても比較的変化の少ないテストだといわれていますが、テストという特別な場面での結果であり、その時の気持ちや状況の影響もあります。良い悪いではなく「私にはこんな傾向もあるのか」というように結果を見ていただき、今後の性格の把握や治療に役立てていただければと思います。
動揺させられ圧倒されているような場面でも、”全く意味がない”と動揺させる対象を価値下げすることによって同様させられていること自体を大したことでない、あるいは、なかったことのように捉えることによって強がってしまうようです。日頃なかったことにされてきた恐怖感のような様々な情緒は、抑圧が弛む入眠時に突然よみがえったり、身体の硬直や動悸等のような症状へ置き換えられることが考えられます。
強く感情が刺激されるような場面でも強く抑圧されていて、情緒をほとんど表に現すことはないようですが、受け入れ難い現実や他者をありのままに受け入れることは難しく、現実を歪めて自己流に解釈していくようです。また、主観的な見方を強調していくため、自分の考えを他人に理解してもらうのは難しいと感じているのかもしれません。
出来事を疑う方向へ拡大解釈し、とても強い不安感があることから、常に切迫した思いに縛られていることが推測されます。もしかしたら辞職に至った体調不良の背後には、経済的な不安や責任の重さのような現実的な不安感といった何かしらの心理要因があったことが考えられます。一般的に、ちょっとした生活の変化によっても様々な気持ちが動くといわれています。

類似症状 高所恐怖症とイップス(第42話)

42acrophobia_e

今回はちょっと脇道にそれる形で、パニック障害未経験の方に精神疾患とはどのようなものか、例を添えながら説明したいと思います。
高所恐怖症は予期不安と似ている
まず一番分かりやすい類似例だと、高所恐怖症だと思います。山の山頂の広い広場から見た景色で恐怖感を感じる方はいないと思いますが、山岳の断崖絶壁の側に立つのは絶対に嫌だという方は居られますよね?もしくは建物の屋上から下を見下ろすと、血の気が引くような恐怖感に強く襲われる方はいますよね?そして、足がすくんだり、恐怖感から身動きが取れなくなる方も居られると思います。
高いところは怖いという精神面から体が拒絶反応を見せるのですが、脳内でドーパミンやアドレナリンといった物質の分泌バランスが恐怖感の影響で崩れて、体が硬直したりするのです。つまり精神疾患を患っていなくても、誰でも似たような体験などは経験しているのです。高い所が怖いのは高所恐怖症、閉鎖空間や身動きが取れない状況を嫌うのはパニック障害と思ってもらえれば、理解しやすいと思います。
イップスは広場恐怖に似ている
次の例題をあげますと、イップスというのがあります。これは極度に緊張した状態が続いた後、体が硬直して動けなくなる症状のことです。プロゴルファーがラウンド中にゴルフクラブを握った手が硬直して、手からゴルフクラブが離せなくなったり、オートバイのレース中に極度に緊張した為に、ハンドルのアクセルから手が離れなくなるバイクレーサーの方も居られます。これらも、緊張した状態が続いたために、体が無意識に拒否反応してしまうのです。ゴルフでプロゴルファーがパットを打てなくなるのは有名な話ですね。
精神疾患は決して頭がおかしくなった訳ではなく、外部からの影響で脳内のバランスが崩れたのが原因だと思われます。お話の中の私は、退職後一カ月未満ですが、なかなか快方に向かいません。どうやら長い期間ストレスを受け続けた体は、その期間に比例して回復に時間がかかるようです。退職すればすぐに治ると考えていましたが、甘かったようです。

アメリカでの精神疾患(第4話)

4American Flag_e

実際にパニック障害という病名が医療先進国アメリカで一般的に使われ始めたのもたしか1990年代になってからですし、初期の精神疾患の見極めは難しいのでしょう。パニック障害の研究そのものが、そんなに歴史が古いものではありません。ちなみに”Panic disorder” パニック・ディスオーダーといいます。

初期のパニック障害は自覚症状なし?

昔は精神疾患という言葉そのものがあまり普及しておらず、ノイローゼ、不安神経症、ノミの心臓といった言葉が私の子供のころは巷に氾濫していました。それくらい、「軽度の精神疾患の症状は自分でもわからないのです」。
でわ、ここらでごく初期の精神疾患パニック障害を考察してみましょう。今、当時を振り返ってみると、病気の症状が初期の段階で、私の周囲の誰かに「ひょっとしたらパニック障害かも?」と指摘してもらえていたら、病気が悪化する前に心療内科にて適切な対処がとれたかもと考えることはあります。

たしか一度くらいは、ネットでうつ病を検索した記憶がありますが、私の場合、気分が沈み込むといった症状はなく、当時の私の知識の範囲内では、「自分が精神病なんてありえない~~~笑」って感じで、精神疾患を疑っていなかったことが、病気の進行を進めたのだと思います。

ストレスの多い現代社会において、社会人の方は、精神疾患について、幅広く且つ、深く勉強するのは必須の時代になってきたのではないでしょうか?もしくは会社の中で、定期的に徹底的に精神疾患についての勉強会やセミナーを開いて、社員のメンタル面での健康状態をチェックするのが、必須だと思われます。

誰の目に見ても様子がおかしい状態になって、病院へ行ってもちょっと遅い気がします。そういえば、ご存知ですか? アメリカでは国民の33%が何かしらの精神安定剤を定期的に飲んでいることを?医療先進国のアメリカでは、精神疾患の予防策として、すでに投薬が始まっているのかもしれませんね。

もし早い段階で病名が分かっていれば?

私の場合、最終的に退職という形で、病気から逃れるという選択をしたのですが、もし、初期の段階で投薬治療を受けていれば、ひょっとしてどうなっていたでしょうか?まあ、人生において”もし、あの時に、ああしていれば”を考えても過ぎ去った過去の判断の良しあしは、誰にも分からない訳ですが、自分の周囲にパニック障害に詳しい方が一人でもいて、私に助言を与えてくれていたらと思うことは、たまにありますよ。このブログをご覧になった方が、この病気についての知識が少しでも増えれば、ひょっとしたら周囲の方を違った未来に導けるかもしれませんね。
訪問者数 ユニークユーザ数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
記事検索
Amazon.co.jpアソシエイト
アクセスランキング(直近の30日間)
にほんブログ村ランキング
人気ブログランキング
フェイスブックページ
Twitter プロフィール