精神疾患パニック障害の体験記

パニック障害の発症から完治までを時系列で綴ったノンフィクションブログ。どうすれば良いかといったことを示唆するのではなく、純粋に筆者が体験した事例を時系列で記述しています。いろいろと悩みは多いと思いますが、参考事例としてお役に立てればと思います。

パニック障害の説明と症状解説

精神安定剤 その1(第43話)

水と錠剤

さて、季節は2008年5月の春です。働かない無職生活にも慣れてきて、いろいろと在職中に出来なかったことをやりたいと考え始めましたが、体調が悪いです。昨年は数週間に一回とか数日に一回の割合で具合が悪いと感じていましたが、今では午前中に一回、午後に一回といった感じで確実に悪化しています。

そうは言っても、今は病名も分かっていますし原因不明の不治の病って事ではありませんから、体調が良い時は冷静に病気に対して接することができます。問題なのは予期不安や広場恐怖が襲ってきた時なのです。どのように対処すればよいのか100%理解していますし、気絶したり発狂したりすることはないのだから落ち着いて対処しようと思うのですが・・・、実際は病名と同様に混乱してパニックを起こしてしまいます。

精神安定剤を一日に複数回利用するようになった経緯

私は在職時に住んでいた市町村の隣の市町村に引っ越しをしました。出来る限り仕事のことを忘れたかったからです。距離にすると約12キロです。そして自宅で一人でいるときに発作が起こると、とても不安になって以前の会社で一緒に働いていたパート社員の主婦の方に電話を掛けて、「今にも恐怖感に襲われそうだから助けてください」と懇願するのです。そうするとその主婦Sさんがバイクで12キロも離れた所から私の団地まで飛んで来てくれるのです。

私はそのSさんが到着するまでの間、精神安定剤を服用する時もありますが、服用を我慢する時もあります。だいたい30分以内に駆けつけてくれるのですが、その時には既に平常心に戻っていることもありますし、発作中の時もあります。一人暮らしをしていると発作が出た時が非常に困るのです。私がSさんに緊急のお願いをしたのは約30回を超えます。Sさんは介護士の資格を持っているのでヘルパーで働いていた経験があり、精神疾患の知識が多少あるのでとても助かりました。そして、あまりSさんを頼っていても悪いと思い、我慢できない発作が起こりそうだと感じたときは、早めに精神安定剤を服用するようにしたのです。

この点がすっごく重要です。発作や予期不安を嫌って、頓服の精神安定剤を頻繁に頼るようになりました。私の服用している精神安定剤は頓服で使用しますが、私の持っている薬はパニック障害を根治するといったタイプの薬ではないのです。

当時の私は、パニック障害や精神疾患に対してある程度の知識がありましたが、多少聞きかじった程度の知識です。病気発生のメカニズムなどに精通しておらず、安直に精神安定剤に頼り切っていました。そしてその事が、病状を徐々に悪化させていくのです。

類似症状 高所恐怖症とイップス(第42話)

山岳

今回はちょっと脇道にそれる形で、パニック障害未経験の方に精神疾患とはどのようなものか、例を添えながら説明したいと思います。

高所恐怖症は予期不安と似ている

まず一番分かりやすい類似例だと、高所恐怖症だと思います。山の山頂の広い広場から見た景色で恐怖感を感じる方はいないと思いますが、山岳の断崖絶壁の側に立つのは絶対に嫌だという方は居られますよね? もしくは建物の屋上から下を見下ろすと、血の気が引くような恐怖感に強く襲われる方はいますよね? そして、足がすくんだり、恐怖感から身動きが取れなくなる方も居られると思います。

高いところは怖いという精神面から体が拒絶反応を見せるのですが、脳内でドーパミンやアドレナリンといった物質の分泌バランスが恐怖感の影響で崩れて、体が硬直したりするのです。つまり精神疾患を患っていなくても、誰でも似たような体験などは経験しているのです。高い所が怖いのは高所恐怖症、閉鎖空間や身動きが取れない状況を嫌うのはパニック障害と思ってもらえれば、理解しやすいと思います。

イップスは広場恐怖に似ている

次の例題をあげますと、イップスというのがあります。これは極度に緊張した状態が続いた後、体が硬直して動けなくなる症状のことです。プロゴルファーがラウンド中にゴルフクラブを握った手が硬直して、手からゴルフクラブが離せなくなったり、オートバイのレース中に極度に緊張した為に、ハンドルのアクセルから手が離れなくなるバイクレーサーの方も居られます。これらも、緊張した状態が続いたために、体が無意識に拒否反応してしまうのです。ゴルフでプロゴルファーがパットを打てなくなるのは有名な話ですね。

精神疾患は決して頭がおかしくなった訳ではなく、外部からの影響で脳内のバランスが崩れたのが原因だと思われます。お話の中の私は、退職後一カ月未満ですが、なかなか快方に向かいません。どうやら長い期間ストレスを受け続けた体は、その期間に比例して回復に時間がかかるようです。退職すればすぐに治ると考えていましたが、甘かったようです。

退職後も悪化していくパニック障害の病状(第41話)

桜並木

さて、季節はまだ2008年の3月、そろそろ桜の開花季節です。ウオーキングにも慣れてきましたので、100メートル歩いては100メートルジョギングをするといったペースでコツコツと体力作りに励みます。日中は自己流ですがヨガの真似事をしたりして、体中の筋肉を柔らかくする努力をします。当時の私のパニック障害に対する治療方法といえば、この体力作りと無職生活でストレスから解放という二本立てでした。普通はこのように考えるのではないでしょうか?

しかし、状況はほぼ、間違いなく、確実に悪化していきます。在職中は一日に一回しか服用したことのなかった精神安定剤も、今では複数回使用する日も増えてきました。それでも退職して一カ月にも満たないので、治療は始まったばかりです。慌てる必要はありません。じっくりパニック障害の治療に取り組もうと思います。

私は在職中は常に長時間労働をしてきました。一日12時間から14時間です。そのような生活をしていると、パニック発作が起こるのは当然仕事中が大半となります。ですので、パニック障害の原因は仕事のストレスと断定したのですが、さて、それは本当にそうだったのでしょうか?今は全く働いていません。それでも状況は悪くなる一方です。どうやら心療内科でもう少し先生と詳しく相談する必要があるようです。手持ちの精神安定剤も少なくなってきましたので、丁度良いタイミングです。

心療内科では来院時に、次回の予約をするようになっていますので、一度通院を始めると定期的に訪院するようになります。当然、突発的に訪院することも可能です。その場合はかなりの待ち時間を覚悟する必要がありますけどね。在職中も含めて、すでに4回目の病院通いとなります。

広場恐怖で階段が苦手

自宅を出て駅の方角へ6分も歩くと、例の長い階段があります。階段数は100段くらいですかね?階段の中央には自転車を押せるようにスロープが設置してあります。階段の途中には踊り場のような場所もあります。パニック障害の患者は広場恐怖を患うのですが、私も例に洩れず広場恐怖を持っています。この階段は一種の閉鎖空間でして、とても苦手意識があります。屋外の見晴らしの良い場所にある階段ですが、パニック障害の患者にとっては入口と出口が一か所づつしかない閉鎖空間と認識してしまうのです。

ヒイヒイと言いながら階段の手すりに摑まりながら登って行くのですが、途中の踊り場で10分くらいの休憩が必要です。健常者が見たら不思議な光景だと思います。見かけはとても健康そうな30歳台前半の男性が、階段の途中で座って休憩を取っているからです。ご親切な方は大丈夫ですかと声を掛けてくれますが、どのように説明して良いかわかりません。精神疾患ですから大丈夫ですと説明すると、怪訝な顔をされます。このあたりが精神疾患の辛いところです。パニック障害はよく「気のせい」と言われます。うつ病はよく「甘え」と言われます。健常者からみたらそのように見えると思いますが、当人にしたら真剣なんですけどね。

退職後の新生活スタート(第40話)

交番

無職の単調な日々

さて、単調な日々が始まりました。朝6:00頃に起床してジャージに着替えて、トコトコと多摩川まで歩いていきます。軽く柔軟体操をした後はウオーキング開始です。本来ならジョギングのはずですが、長年の不摂生でいきなり走るのは無理です。仕事のない朝にゆっくりと過ごすことが夢でしたが、まさか病気が原因で退職してその夢がこのような形で実現するとは一年前には想像もできなかったことです。

朝日を浴びながらのウオーキングは快適です。早朝独特のひんやりとした冷気の中で、いろいろと考え事をしながらの時間はとても充実しています。「ああ、幸せ。」 そう感じながらの生活が毎日これから訪れるのですから、パニック障害なんて簡単に治るよね?当然そう考えますよね?ところがどっこい、そうではなかったのです。働いている頃と同じような頻度で体調不良が続いたのです。いや、気のせいか以前より症状がひどくなっています。

働いている頃は、起床後二時間くらは予期不安はでなかったのですが、無職になってから既に幾度となく起床後一時間くらいで予期不安に襲われることがありました。ひどい時になると、ジョギングの最中に具合が悪くなって、ジョギングを早々に切り上げて河川敷の土手をよろめきながら登り、そのまま河川敷沿いの道路でひっくり返って仰向けで寝たことがありました。その時は、親切な散歩途中の主婦の方が私のそばに20分くらい付き添ってくれて、恐怖感と闘う私を励まし続けてくれました。ジョギング中だったので、精神安定剤を持参しておらずかなり苦しい時間を経験しました。

常に持ち歩く精神安定剤と病気説明のメモ

この時以降から、私は二つの物を常に持ち歩くようになったのです。一つはプラスチックの小さなケースに入れた精神安定剤二錠です。そしてもう一つはパニック障害について説明しているメモです。パニック発作中に自分の状況を説明する余裕はとてもないので、メモを見せて周囲の方の理解を得る方法です。この習慣は現在でも続いています(2016年現在)。私のお財布の中には、9年前にパソコンと家庭用プリンターで作成した用紙が今でも入っています。

お願い

私は、精神疾患パニック障害の患者です。初めての場所や緊張をすると、精神的な発作が起きる病気です。救急車や警察は不要ですので、そっとしておいてください。今現在、発作が起こるような気がしているか、もしくは発作中なのですが、数十分から数時間で治まります。薬も所持していますので私のお願いを聞いて頂けませんか?ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願いします。

このようなメモを持っていないと、以前記事に書きましたように(投稿19回目・20回目)、突然突拍子もない行動を取ってしまうので、周囲の方が大変驚かれます。道路や歩道で仰向けに倒れているので、大騒ぎになったりするのです。その時にこのメモがあると、説明する手間も省けますし、路上で寝ていても警察を呼ばれたりしないので、トラブルを未然に防げるのです。

病気や怪我がパニック発作を誘発(第39話)

ジョギング

引っ越し後、生活のテーマを決めてみた

2008年3月4日、無事に引っ越しを終えて、本社の社長にお別れの挨拶も終わらせて、33歳無職の再スタートです。とりあえずの生活テーマは「自分なりに精一杯生きる。ゆっくり生きる。」に決めました。自由に憧れつづけた14年間でしたが、朝目が覚めると昨日とは違う部屋の中です。

「ああ、ついに退職した。これでパニック発作ともおさらばさ」。そう思うとウキウキします。日中は近所を自転車でウロウロと徘徊して、新しい街を堪能します。思ったより何もありません。意外と不便だなというのが率直な感想です。

最寄りのJRの駅までは徒歩20分くらいでしょうか?途中に急な坂がありまして、結構長い階段があります。かなり遠回りすれば、自転車に乗ったままでも駅まで行けますが、この階段を使う道が最短距離ですので、ここを生活道路とします。

引っ越し後数日間は、数回ほど予期不安が襲ってきたので精神安定剤を飲みましたが、それから数日間は日記によると精神安定剤を飲んでいません。やはり仕事のストレス=パニック発作の原因ではないのかという考えが頭の中で固まっていきます。

病気や怪我をした時は、パニック発作が起きやすい?

しかし、3月7日頃から風邪を引いてしまいました。咳もでますし、熱もすこし高めです。花粉症も併発していますので、くしゃみが連続してでます。このくしゃみが曲者で、連続してくしゃみをした後は、後頭部がカーッと熱くなってきます。それと共に予期不安が襲ってくるのです。仕事はすでに退職していますから、パニック障害はすぐに完治すると思い込んでいましたが、どうやら違うようです。部屋の中に一人っきりですが、いろいろとパニック障害について考えを巡らせます。「どうも病気や怪我が引き金となってパニック発作を誘発するような気がする。」

このような疑問点が自分の中で湧きあがってきましたので、インターネットで検索をすると、そのように記述してある記事を複数ほど簡単に見つけることが出来ました。「これはちょっとやっかいだな。」 どうやら外傷が数日で治るのとは違って、精神疾患は一筋縄ではいかない予感がします。

この頃から、私はインターネットを利用してパニック障害の研究というか、情報収集に興味を持つようになりました。ただ、インターネットで得ることのできる情報は種類は豊富なのですが、どれを信用すればよいのか分かりません。出来ることなら主従選択をして、最短距離で完治へ向かいたいのですが、今一つ決定打に欠けます。

このような生活をすれば、治るかな?

そこで自分なりに一つの方法を考えてみました。それは規則正しい生活を送りながら様子を見るということです。朝は一時間ほどジョギングをして、日中は暇を見てヨガにチャレンジする生活です。無職で規則正しく健康的に生活をすればすぐに完治するだろう。このように決めて新生活がスタートしたのでした。
訪問者数 ユニークユーザ数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
記事検索
Amazon.co.jpアソシエイト
アクセスランキング(直近の30日間)
にほんブログ村ランキング
人気ブログランキング
フェイスブックページ
Twitter プロフィール