精神疾患パニック障害の体験記

パニック障害の発症から完治までを時系列で綴ったノンフィクションブログ。どうすれば良いかといったことを示唆するのではなく、純粋に筆者が体験した事例を時系列で記述しています。いろいろと悩みは多いと思いますが、参考事例としてお役に立てればと思います。

第1話~第10話

精神安定剤を処方されるも飲まずに机の中へ(第10話)

薬の錠剤

検査は広場恐怖発動中の私にとってはとても辛くて、逃げたいという思いだけが頭の中を占拠した状態で、約10分のMRI検査に耐えました。ただMRI検査の機械の中で、ベッドの上で横になっていただけなんですけどね(笑)。パニック障害患者にとって、それは悪夢のような状況です。

検査も終了して、いよいよ先生から診断結果を説明してもらう瞬間がやってきました。結論から言いますと、異常なしです。たはは。MRI画像データを提示されながら説明を受けたのですが、腫瘍もなく脳の血管にも異常ありませんと告げられましたが、当方としてはこのまま手ぶらで帰宅するわけにはいきません。

精神安定剤(デパス)と運命的な出会い しかし、なぜか服用せず

先生もそれを察知してか、「緊張したり症状が出た時には、薬を出しておきますので飲んでみてください」と言いながら処方箋を発行してくれました。院内の薬剤科で薬を受け取るとそれは白い錠剤で、「気持ちを落ち着かせるお薬です。頓服してください」と書いてありました。7錠ほどもらった記憶があります。頓服(とんぷく)とは、症状の出た時に服用するという意味です。

そうです、これが私のパニック障害の治療にとても有効であり、また、その副作用から、後に苦しむこととなるデパスとの初の出会いでした。パニック障害やうつ病、統合失調症をご経験の方は、その薬の名前をご存知ではないでしょうか? そうです、精神安定剤デパス0.5ミリ錠です。

しかしですね、私は自分の病気の病名に気づく大きなチャンスをこの大学病院で得たにも関わらず、見事にスルーしてしまうのでした。

まず第一に病院の先生が、薬について詳しく説明しなかったこと。第二に、推測でもよいので精神疾患の可能性があることを、ちょっとでも告げてくれていたら良かったのですが、それが全くなかったこと。そして第三に、帰宅後インターネットで精神安定剤をウイキペディアで検索したのですが、該当ページの文章の中には神経症やうつ病といった言葉しか記述されていなくて、当時の私は、うつ病のページしか閲覧しなかった記憶があります。しかし、うつ病のページにある症状の記述内容に、自分の症状に当てはまるものありませんでした。さらに、この精神安定剤は薬の分類上、抗不安薬という名前なのですが、得体の知れない薬という先入観念が強くて、せっかく薬を処方されたのに机の引き出しの中へ仕舞い込んでしまいました。

実は私は、子供の頃に風邪を引いて抗生物質を飲んで、全身じんましんが出たことがありまして、それ以降、処方された薬や売薬などに抵抗があり、普段でも薬を飲むと副作用が怖くて敬遠しがちだったのです。

こうしてこの頃には、教科書通りの典型的な精神疾患パニック障害の症状を発症していたのですが、受診したお医者さんに縁が無かったというか、自分の努力で「パニック障害」という言葉に出会うことが出来なくて、その結果として病名がわからずに原因不明のままで日々を過ごす羽目となったのです。

大学病院で受診(第9話)

MRI画像

ついにやってきました大学病院です。まず最初に受診する科を選ばなくてはなりません。とりあえず症状を受付で説明して「脳外科を希望しています」と告げ、ドキドキしながら脳外科の待合室で静かに順番を待ちます。対応された先生に近況の報告をして、「脳のレントゲンとMRI画像検査をしてみましょう」ということになりました。

高校生の頃に受診した脳外科には、MRIなど設置されていな時代でしたが、さすが大学病院です。最新鋭の設備が整っています。こうなれば、あとは勇気を振り絞って診断を受けるのみです。

心の中で、「悪い病気が見つかっても、それはそれで仕方がないな。今のまま、原因不明で体調が悪いのだけは避けたいからね」と、自分に言い聞かせて順番を待ちました。そして初のMRI開始です。

お医者さんに「かなり大きな音が出ますが気にしないでください」と説明を受け、診察台の上に乗ったまでは良かったのですが、このタイミングで予期不安というか嫌な感じが込み上げてきました。(補足しますと、当時の私はまだ予期不安という言葉を知らずに、例の嫌な感じという感覚でしか症状を伝えることも表現することもできませんでした。)

今振り返ってみると何回もの小発作を経験した為に病状が進行して、予期不安が発生するようになりつつありました。広場恐怖もこの頃から症状をのぞかせるようになり、行動を束縛される状況に置かれると、非常に困ったなと考えるようになり始めていました。この予期不安と広場恐怖はパニック障害を語る上でとても重要な言葉ですので、ちょっと詳しく説明します。

予期不安とは

予期不安とは過去にパニック発作を一度でも経験すると、また発作が発生するのではという恐怖感や発作を恐れる気持から、再びパニック発作を誘発する症状のことを言います。負の連鎖といいますか、パニック発作の経験が予期不安を生み、予期不安がパニック発作を引き起こすの繰り返しとなり、このパターンを経験すればするほど深みにはまっていきます。

広場恐怖とは

過去にパニック発作や予期不安を経験したシチュエーションを嫌うようになります。例えば飛行機の中でパニック発作を経験すると、それ以降は飛行機に搭乗することを拒絶するようになります。「発作が起きた時に逃れられない」という妄想がこの症状の基本なのですが、「レストランは駄目」だとか「映画館は駄目」とかなど、パニック発作や予期不安がなく快適に過ごせる生活領域が次第に狭くなっていき、重度の状態になると外出さえ困難になります。

さて、お話の続きに戻ります

看護師の方に、自分の体調があまり良くないから検査は数時間後を希望すると告げましたが、看護師曰く、「症状が出ている状態中に検査したほうがより正確な診断ができますよ」と言われたので、心の中で「そんなの無理だよ」と思いつつも、人生最大の健康のピンチだし我慢するしかないなと、検査続行を決意しました。

近所の病院を回る日々(第8話)

体温計

日を増すごとに体調悪化が自覚できるようになってきました。体温を測っても平熱ですし、下痢やおう吐などの症状も無くて原因がわかりません。

とりあえず、近所の割と大きめの総合病院へ行くことにしました。基本的な問診、血液検査、検尿、心電図と一通りの考えられる検査はしてみましたが、問題ありませんとのこと。心の中では「よかった。異状なしだった」という思いが率直な感想でした。(これが長い長い病院通いの第一歩です)

再び通常の生活へと戻るのですが、数日後に再度小発作に見舞われます。前回と同様に数十分で治まりましたが、疑念というか確実に何かおかしいと本能的に感じ取ることができます。

パニック障害の典型例 自己健康診断

まず最初にどのような状況の時にそのようになるのか、自己分析開始です。「食後」「午後」「人と会った後」「就寝前」など、体調不良や小発作が起きた時の状況を思い出しながら、共通事項を見つける努力をしました。ストレスの線が一番濃厚かなと思ったのですが、いかんせん精神疾患に対しての知識不足です。体調不良を精神疾患に結び付けることが出来ません。

答えは見つからないまま、個人病院の内科を転々としますがらちが明きません。そのような状況の中で「体調が悪い時に病院を訪問すればよいのではないか」と考え、次回の体調不良の時には、最初に訪れた近所の大きめの総合病院へもう一度行こうと決めました。

そして、その機会は容易に訪れます。意を決して再び病院へ行き、受付にて非常に体調が悪くめまいもするし緊急だと告げると、車いすを用意してくれました。実際、順番待ちの間は待合室の長椅子の上で寝っ転がっており、普通なら体調が悪くてもそのようなことはしませんが、パニックの症状が出てしまうと、そのような常識的な行動をしなくてはといった考えは頭の中から消えてしまい、とにかくこの状況を何とかしなくてはと懸命に気分を落ち着かせようと努力します。

大学病院での検査を勧められました

そして案の定、診察の結果は異常なしです。紹介状を頂いて、一度大学病院で脳の検査をされてはと言われました。この大学病院は目の病気で罹りつけの病院でしたので、確かに名案だと思いましたが、もし脳腫瘍などが見つかったら怖いなと感じたのも事実です。体の状態を示す血圧や血液には異常がないので、脳の病気が濃厚となってきました。不安ですが大学病院へ行くしかなさそうです。

人生初のパニック発作(小発作)(第7話)

コーヒー

さて、投稿7回目にして、やっと初発作が書けそうです。

人生初のパニック発作

忘れもしない夏頃、普段と同じ平凡な朝がきました。普通に出社してコーヒーを飲み昼食を食べ終えて午後の仕事に取り掛かり始めた頃、なんとなく体調が悪いというか、気分が優れずに、事務員さんへシャワーを浴びてきますと言い残して自宅にてシャワーを浴び始めました。

頭を洗い終えて、たわしタオルに石鹸をつけて、ちょうど全身が泡だらけになった時に人生初の小発作発動です。まず感じたことは、頭の中に得体のしれない恐怖感が込み上げて来て、思考すべてがその恐怖感に占拠されてしまいした。体を洗う手を一旦止休めて、「あれ、なんだなんだ」と呟き、このままでは倒れるんじゃないかと強く感じて、居てもたってもいられなくなり、全身泡だらけの体で慌てて脱衣所へ飛び出しました。

理性がある状態では、脱衣所がグショグショになるのでそのような行動はしませんが、そこは小発作が発動中の状況です。「一刻も早くシャワールームをでないと、倒れてしまう」という考えが脳を支配してしまい、考えや行動を制御できません。生まれて初めて感じた恐怖感。喜怒哀楽とは違った猛烈な感情。鏡を見ながら、いったい何が起こったのかを自問自答しながら、脱衣所でウロウロすること約10分、やっと気持ちが落ち着いてきました。

再びお風呂場へ戻り急いで石鹸を洗い流し、バスタオルで体を拭きました。その後、洋服を着終えた頃には普段通りの自分に戻っていました。発作後に気持が落ち着いてしまえば、完全に通常の日常に戻っています。「さっきのはいったい何が起こったんだろう?」と考えながら職場へ戻り、その経験を同僚や事務員さんに話しましたが理解されませんでした。

今思えば、この時点でパニック発作の知識や経験がある方が私の話を聞いていたら、インターネット等でこの病名を検索して早期に自己診断が出来たのでしょうが、不幸と言いますか周辺に精神疾患に詳しい方が存在しないため、未解決のまま時が経過していきます。

その日以降、数日間は体調も良く発作も影を潜め、小発作の出来事を忘れつつありました。まだ、この時点では病院へ行こうとも思わずに、平穏な生活を再び繰り返していました。そして、まだまだ季節は夏のままです。時が数週間ほど経過していく中で体調が悪い日があったり、良い日があったりの反復ですが、気のせいかその周期が日に日に短くなっていきます。こうなってくると色々と気になって、体調について考えを巡らせる時間が多くなってきました。

パニック障害の恐怖感(第6話)

横断歩道

パニック障害で感じる恐怖感

前回の投稿で恐怖感と記述しましたが、人間誰しもある程度年齢を重ねれば、自分はいつか亡くなるんだなと考えることがあると思います。当然、色々な人生の最後を想像します。突然の交通事故や慢性疾患を患って余命を告げられて迎える最後などなど、その想像は読者の方にお任せしますが、お医者さん曰く「人が亡くなる時は大抵意識がもうろうとしますので、最後の瞬間は怖いとか考えないと思いますよ」とのことです。

意識がはっきりとした中での最後の例えだと、切腹する武士などでしょうか? 意識はシッカリしていますから恐怖感は最高潮だとは思いますが、それは理性の下での恐怖感であって、環境からくる恐怖感だと思います。例えるなら、お化け屋敷の中での恐怖感です。怖いというか、びっくりですかね ?また、お医者さんはこのようにも述べられています。「本当に亡くなる時は血圧が低下して意識が薄れていますので、亡くなるのが怖いとか感じないでしょう」と。

実際にどの程度の恐怖感なのか?

ここからがすごく重要なのですが、パニック障害の恐怖感というのは、はっきりとした意識の中で頭の中に強烈な恐怖感が込み上げて来て、実際に亡くなることよりも怖いと言われています。世の中で最も怖いものだそうです。これが私が類稀なウルトラ級と表現した理由です。

しかも、その状況が短くて数十分、長いと数時間続きます。お化け屋敷ではびっくりした瞬間が長くても数秒だと思いますが、もしその驚いた瞬間が連続して頭の中で数時間続いたと想像してみてください。とてつもない事だと想像できますよね?

パニック障害患者が発作を起こしている間は、途切れることなく強烈な恐怖感に襲われているのです。そして、その恐怖体験が患者の心を疲労させ、心身共に疲れさせ、併発疾患を誘発するのです。併発疾患で代表的なのは、全般性不安症害、社交恐怖、特定の恐怖症、強迫性障害、うつ病、睡眠障害などです。また、発作経験は予期不安と広場恐怖へと繋がっていき、症状の慢性化が徐々に進んでいくのです。

別件ですが、私の文章は読みやすいでしょうか? なんとなく、話があっちへ傾いたり、こっちへ寄り道したりと定まらないのですが、ど素人のブログ文章ですので勘弁してください。タイトルを決めて文章を書けばそのようにはならないのでしょうが、思いつきで書いていますのでご理解をお願いします。
訪問者数 ユニークユーザ数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
記事検索
Amazon.co.jpアソシエイト
アクセスランキング(直近の30日間)
にほんブログ村ランキング
人気ブログランキング
フェイスブックページ
Twitter プロフィール