精神疾患パニック障害の体験記

パニック障害の発症から完治までを時系列で綴ったノンフィクションブログ。どうすれば良いかといったことを示唆するのではなく、純粋に筆者が体験した事例を時系列で記述しています。いろいろと悩みは多いと思いますが、参考事例としてお役に立てればと思います。

パニック障害で雇用保険が貰えない? その1(第50話)

株価ボード

こうして暑い夏を過ごすのですが、こうも調子が上向く兆しが見えないと不安になるものです。退職してからすでに5カ月が経過しようとしています。このまま数年間は体調が悪いままなのかなと考えることが多くなりました。ひょっとしたら一生治らないかも?とまで思うようになったのもこの頃です。もしそうでしたら生活に困りますので、なにかしら生活の支援を受けれないかと思案して、市役所に相談へ行こうかなと思いましたが、その前に雇用保険(失業保険)の手続きをしようと思い、ハローワークを訪問することにしました。

ハローワークで驚きの出来事

サラリーマン生活を長くしていましたから、雇用保険の事は名前程度は知っていましたが、まさか病気が原因で急に無職になるとは思いもしなかったので、雇用保険の知識はほとんど皆無でした。ただ、自主退職(解雇や倒産以外の退職)だとすぐに雇用保険は貰えないとことは知っていましたので、退職後にハローワークを訪問たことは無かったのですが、貰えるお金があるのなら貰っちゃおう(笑)なんて軽い感じで、離職票を持って自転車で職業安定所を訪れたのです。

受付で用紙を頂いてササッと記入した後、相談員との面談があるそうです。時はリーマンショックの影響で日本中が不景気の時代です。職業安定所の中は大変な混雑で人で溢れかえっています。そして案の定、相談員との面談の待ち時間が異常に長いのです。約1時間以上は待ちました。受付番号を呼ばれますので、建物の外にいると自分の順番を逃してしまうのであまり遠くには行けません。順番待ちという動作が苦手のパニック障害患者にとって、これは非常に苦痛な状況です。まあ当然と言いますか、ここでも広場恐怖が発動ですね。ウロウロと建物内を歩き回ったり、パンフレットを手に取ったり、気を紛らわそうと努力しますが無駄のようです。仕方ないので精神安定剤を服用します。ゴックン。

やっと自分の順番です

さて、やっと自分の順番が来ました。促されるまま椅子に座ります。机を挟んで相談員の方が居られます。受付で頂いた用紙を手渡すと、応募予定の求人票をお願いしますと言われました。そこで私が「いや、自分は現在パニック障害という病気を患っているので働けません。今日は雇用保険の受取の手続きだけで十分です。」と言いますと、相談員の方が「働く意志のない方に対しては、雇用保険は支給することができない規則となっています」とそっけなく応答します。「えっ?」 これでアウトです。

胃腸の調子も悪くなりました(第49話)

下り坂標識

吐き気に悩まされる日々

さて、時は2008年7月です。この年の夏は私のパニック障害の歴史の中で、かなり厳しい時期になりました。相変わらず体調不良が続くのですが、本当に精神疾患パニック障害だけを患っているのか疑ってしまうほど、体調が悪くなっていきます。病名が判明して安堵した1月頃には想像も出来なかった展開となってきます。

先月までは心臓の音が気になって突然眠気が覚める症状に悩まされていたのですが、この7月に入ってから胃腸の調子も悪くなりました。主な症状は吐き気です。精神安定剤の副作用なのかは分かりませんが、予期不安や広場恐怖だけでも体調不良的には満腹って感じだったのに、更に身体的な不調の症状が出てくると、自分はパニック障害とは別に何か他の病気を併発しているのではないかと、疑念が出てきます。病気に関してはすでにお腹いっぱいですので、これ以上の病気のおかわりは勘弁してもらえないでしょうか?

精神安定剤の一般的な服用量

この頃の薬の服用量は0.5ミリ錠の精神安定剤を一日に平均4錠ほど服用していました。服用時間はチェーンスモーカーではないですが、チェーン精神安定剤って感じですね。起床後一時間以内にまずは一錠。あとは4~5時間ごとに一錠ずつ就寝までの服用となります。パニック障害未経験の方や、精神安定剤を未経験の方に説明しますと、私のこの服用量は決して多いということはありません。むしろ平均以下の服用量となります。

精神安定剤には1ミリ錠もありまして、こちらの方がより一般的に利用されていると思います。睡眠導入の目的に利用される場合は、就寝前に1~2ミリほどが適量となるようです。基本的に一日当たりの上限は3ミリとなっているのが一般的ですね。ですので、私の服用量としては決して多い訳ではなく、適切な服用量と用法を守っていたと思います。予期不安やパニック発作を抑える為に服用する場合も、1ミリが一般的だと聞いたことがあります。

他の病気を疑って胃の検査

ですので、精神安定剤の使用量は適切ですから、本来は吐き気など起こらないとは思うのですが、使用量が増えた為に、副作用としての吐き気が表面化した可能性はあります。特に7月17日から7月22日の間は吐き気がひどくて、実際に他の病気を疑ってしまいました。そして近所の内科で胃の検査を7月28日に受けたのです。胃カメラを飲んでの食道と胃の検査を受けましたが、ものの見事に異状なしです。他の病気の可能性が無くなったので、それはそれで一安心ですが、このように体調が悪くては生きた心地がしないというか、生活をしていて何も楽しくないですね。健康に勝るものなしといいますが、本当にそうだと思います。

困った時の神頼み?(第48話)

教会

時は2008年6月頃のお話です。予期不安と広場恐怖に加え、睡眠の質が悪くなるという状態になってしまいました。まあ無職ですので、夜間に眠れなくても日中に昼寝をすれば良い訳でして、その点は睡眠不足の為に精神的に追い込まれるといった状況ではないのが救いです。もし今の状況で働いていたら完全にアウトです。

昨日よりも今日の方が調子がいいなと感じる日が全くないというのが、精神的に弱気になってしまう要因です。希望の光が全く見えない暗いトンネルの中を抜け出せません。このような時は、日本人なら誰でも聞いたことのある言葉がありますよね?そうです、「困った時の神頼み」。もうこれしかないような気がします。

以前からこっそり覗いていた教会

世の中には変なカルト教団や宗教がありますが、ステレオタイプの言い回しだと、「病気の時に司教や〇〇先生の言葉に従ったら、ウソみたいに病気が治った・・・・」っていうような話ですが、こうも体調が悪いと非科学的なことでもなんでもいいから頼りたくなります。ちょうど私の住んでいる団地の部屋の前には韓国系のキリスト教会がありまして、以前から中を覗いてはいたのですが、入ったことはありませんでした。

ですがある日、家の前にあるスーパーで買い物をして、そのスーパーの隣にある例の教会にフラフラと入ってみたのです。50歳くらいの日本語の達者な韓国人の宣教師の方が運営されているキリスト教会です。私は宗教に興味はありませんので、今現在でもこの教会がプロテスタントなのかカトリックなのか分かりませんが、宣教師の先生は笑顔で私を迎え入れてくれました。

ここで事前にお伝えしておきますが、宗教でパニック障害が治りました~~(笑)ということには成りませんのでご安心ください。私がこの教会に顔を出したのは20回くらいです。無職で暇を持て余していたので日曜日の朝の礼拝に4カ月くらい通っただけです。なぜこのことを書いたかと言いますと、それくらい病状が回復しないので精神的に追い込まれていたのです。

教会の中の序列では、筆頭幹部信者並みのポジション?

教会はたくさんの信者の方が訪れる場所と想像していたのですが、実はすっごく少なかったのです。牧師先生と韓国人の女性の方と私だけ・・・・。う~ん、ちょっとアメリカ映画でみたような教会のイメージとは完全に違います。どうみてもこの人数だと私が主力信者の一員になるのも時間の問題です。ははは(笑)。

教会での風景の一例ですと、体調不良の相談をして、牧師の先生から励ましの言葉を頂くのですが、そこはさすがキリスト教会ですので、こんな感じです。「我々の主であるキリストが、賢狼パニ(私)が今抱えている悩みに対して一緒になって闘ってくれます。一日も早く賢狼パニが望む形で病気が回復することを祈って、今日の讃美歌を皆で歌いましょう」って感じですね。これはこれで有意義な体験をしたと思いますが、私には〇〇こころのクリニックで十分な気がします。

心臓の音と予期不安で夜も眠れません(第47話)

布団

さて、病名も把握して生活習慣や生活環境もこの上なく良い形で生活しているにも関わらず、体調は上向きません。上向かないというよりは底が見えない状態ですね。就寝する時は、「明日の朝になったら良くなっているよね?」と毎晩期待して寝るのですが、翌日にはことごとくその期待を裏切られます。起きてすぐには分からない時もありますが、めまいがするというか、頭がぼんやりすることが多いです。

それでも日課となったジョギングに出かけます。ジョギング中は体が上下に震動しますし、ハアハハと呼吸も荒くなりますから、めまいや体調が悪いことはさほど気になりません。ですのでジョギング中は割とお気に入りの時間となりました。多少の雨が降っていても、カッパを着て帽子をかぶって休まずに走りに行きます。普段見かける方々もさすがに雨の日はウオーキングはお休みなようで、すれ違う人もほとんどいません。

だいたい10キロを目安に走るのですが、「これだけ体が動くのだから健康だよ、回復する日も近いかな?」なんて考えながらのジョギングです。ジョギング後は、団地の管理をされている方々(清掃の委託を受けた会社の社員さん)と談笑したりして、それなりに楽しい時間を過ごしています。朝食後は思い思いの日々を過ごし、就寝はだいたい夜22時頃が習慣となりました。

寝入いる瞬間に心臓がドクンと大きな音を立てるのです

そしてこの2008年5月頃から夜に寝るのが怖くなってきました。どういうことかと言いますと、私は普段から布団の上に横になると、だいたい10分もしない内に寝に入ってしまうほど寝つきが良かったのです。しかしこの頃から横になって数分で気持ち良く意識が遠のいていく過程で、突然心臓がドクンと大きな音を立てるのです。感覚的には血圧と脈拍が正常な状態から血圧だけが突然200くらいまで跳ね上がるといった感じですかね?実際に心臓が音を出しているのかは分かりませんが、すう~~と気持ち良く意識が遠のいていくその瞬間に、一瞬で目が覚めてしまうのです。

寝ている最中も予期不安?

この症状の初日にはさほど気にしなかったのですが、翌日もその次の日も同じ症状がでます。こうなってきますと、夜寝るときにその症状がでるんじゃないかという恐怖感が、就寝前から頭の中を支配してしまって、寝床に向かうのが嫌になってきます。

今までは寝ることが大好きだったのに、今ではその楽しい筈の時間が苦痛になってきます。お酒を飲んで寝たり、わざと夜更かしして遅い時間に寝たりしましたが、状況は一緒です。寝るのが怖くなって明け方近くまで寝付けないことも多くなってきました。今までは、不思議と深夜24時以降に予期不安や広場恐怖に襲われることはなかったので、それだけは良かったと思っていましたが、最近はどうやら寝ている最中に予期不安に襲われることも出始めました。変な時間帯に目が覚めるのですが、眠気を感じるよりも先に恐怖感を感じているのです。これには、本当に心が折れます。

パニック障害を考察してみます その1(第46話)

女性

今回はいよいよこの当ブログタイトルにも記載されています「パニック障害の考察」の第一回目となります。なにやら考察という言葉から論文形式の記述かと思われるかもしれませんが、「あはは、あんちゃって考察」ですので、ちょっと深く考えるといった感じだと思ってください(笑) (お薬に対する感想は個人差があると思いますので、あくまで私個人の服用に対する感想ですから、その点はご了承ください。)

パニック障害のある生活をグラフにすると?

前々回(第43話)と前回(第44話)にてこのように書きました。①私の持っている薬はパニック障害を根治するといったタイプの薬ではないのです。②精神安定剤の薬効は6時間。この二点に沿ってお話を進めたいと思います。

まず当ブログではパニック発作を三段階にレベル分けしました(第5話)。小発作・中発作・大発作です。そして今回はそれにゲームでいうHP(ヒットポイント)みたいなのを設定したいと思います。発作レベルと表現した方が良いかもしれません。小発作はレベル6、中発作はレベル8、大発作はレベルMAXの10となります。あと予期不安と広場恐怖にも数値をあてはめたいと思います。予期不安はレベル4、広場恐怖はレベル2としましょう。

では、このHP(ヒットポイント又は発作レベル)を持つ病気の症状に戦いを挑む戦士の登場です。当然と言えば当然ですが、精神安定剤君の登場です。彼は超強力作用の素晴らしい戦士ですが、戦える時間は6時間です。戦闘開始(服用後)からわずか数分で広場恐怖からレベルMAXの大発作までを完全に抑え込んでしまいますので、戦闘力は10とします。

さて、健康な人の一日を図で表現すると下記のようになります。

パニック発作のイメージ


次にパニック障害の人の一日を図で表現するとこのようになります。

パニック発作のイメージ

う~ん、かえって分かり辛いかもしれませんが、こんな感じです。このパニック障害の人の場合だと、午前11時から広場恐怖が始まって午後の14時から予期不安が発生したということです。

さて、私がこの病気になった初期の頃は、数日に一回ほどの予期不安程度だったのですが、退職の頃には広場恐怖と予期不安のコンボで、上記の表のような状態となっていました。精神安定剤を服用すればレベル4の予期不安だろうが、レベル10の大発作でも完全に封じ込めますが、これは精神安定剤が病気を根治させているのではなく、精神安定剤の有効時間内だけ無理やりに押しこめているのです。それでも、あの苦しい発作からすぐに解放されるのですから、パニック発作に苦しむ人にとっては、必須のお薬だと思います。

私は、2008年1月から精神安定剤を頓服という形で服用を開始したのですが、2008年の5月頃に、精神安定剤の薬効が切れた瞬間が分かるようになりました。このことから推測できることがいくつかありますので、それを述べたいと思います。まず第一に、初期の頃は一日の中で体調不良の時間が6時間未満だったので、薬効が切れた時は予期不安も広場恐怖もなく、いつ薬効が切れたのかわからない可能性です。恐らく健康な人や、今現在の私みたいにほぼ完治している人が精神安定剤を服用しても、薬効が切れた瞬間など分からないと思います。上記の表だと15時の苦しみの絶頂で服用すれば、21時までは薬効が持続していますから薬効が切れた時は通常状態なので、薬効が切れた瞬間がわからないということです。

第二に、精神安定剤に対する依存の形成です。このお薬は素早く効いて後に残らないという性質のお薬ですから安全性が高いのですが、それは逆に依存を形成しやすいのです。薬効の切れた瞬間がわかるようになったということは、体や脳が精神安定剤に依存し始めている兆候とも考えられます。「別に依存してもいいんじゃね?」と当時は思っていましたが、精神安定剤を連続服用していると、パニック障害の病状が悪化していても、分かり辛くなる気がします。例えるなら出血しているのに治療せず、輸血をしているような感じですかね?

ついのこの名前が登場! 抗不安薬

医薬品に関して素人の私でも、精神安定剤だけでこの状況を打破するのは難しいのかなと考えるようになったのもこの2008年5月頃です。そうすると、世の中には頭の良い方が居られるのですね。「じゃあ、長時間体内に薬効成分が留まって、攻撃力5くらいのダメージを与え続ける薬を作ればいいんじゃね?」と思われたかは知りませんが、そのような薬を世の中に出した人々がいたんですね、これが(笑)。

それらのタイプのお薬は抗不安薬というタイプのお薬です。なにやら怪しげな名前ですが、ニュータイプのお薬です。精神安定剤をガンダムで例えると「連邦軍のモビルスーツガンダムが所持している最強武器ビームライフル」となるのですが、抗不安薬は「ララアの意識の共鳴」って感じですかね?余計に分かりづらいのですが、閲覧者の方は抗不安薬をご自身で検索してみてください。まあ、いろいろと良いこと悪いことが書かれています。抗不安薬に関するウイキペディアを読んでいると、副作用のことや裁判のことなど、とにかく服用を躊躇しそうな内容ばかりです。1999年のアメリカで起きたコロンバイン高校銃乱射事件の犯人二人組の高校生がこのタイプの薬を大量に服用していたことは有名な話です。

最終的に私もこのニュータイプ抗不安薬のお世話になるのですが、その薬の存在自体は2008年5月の時点で知っていました。当然わたしの通院している〇〇こころのクリニックの先生もこの薬のことは私に説明はされています。しかし、当面の治療方針としてはそれは使用しないで頑張ってみましょうということになっていたのです。私の治療方針は「無職でストレスフリー、ジョギングとヨガで体力作り、のんびり気ままな生活と頓服精神安定剤」だったのです(笑)。ですので、まだまだこの抗不安薬はこのブログのお話には登場しません。

この2008年5月頃を境に、これから先2008年秋までがず~と体調が下り坂となっていくのです。ただ単に予期不安だとか広場恐怖といった症状だけでなく、その他の症状が出てきます。はたしてそれが薬の副作用なのか、病状の悪化なのかは、2016年の今現在でも断定できる言葉は見つかりません。いろいろな原因が複雑に絡み合っての病状だとは思いますが、これからの数カ月が本当の地獄となるのです。
訪問者数 ユニークユーザ数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
記事検索
Amazon.co.jpアソシエイト
アクセスランキング(直近の30日間)
にほんブログ村ランキング
人気ブログランキング
フェイスブックページ
Twitter プロフィール