精神疾患パニック障害の体験記

パニック障害の発症から完治までを時系列で綴ったノンフィクションブログ。どうすれば良いかといったことを示唆するのではなく、純粋に筆者が体験した事例を時系列で記述しています。いろいろと悩みは多いと思いますが、参考事例としてお役に立てればと思います。

お問い合わせ

contact-us-1769323_1280


当ブログへのご訪問と閲覧、ありがとうございました。出来る限り詳細で正確な記事を心掛けていますが、記事内容に対する疑問点やご意見・ご感想等がありましたら、下記の問い合わせメールアドレスまでご連絡をお願いいたします。尚、頂いたご意見・ご感想の内容によっては、当方が返信不要と判断する場合がございますのでご了承ください。

お問い合わせ用 メールアドレス kenrou225@gmail.com

免責事項

著作権

総則

記事内容については正確な情報を記載していますが、その責は負いません。尚、記事の内容については私個人の見解によるものです。当サイトからリンクやバナーなどで他のサイトに移動された場合、移動先サイトにて提供されている情報やサービス等について一切の責任を負いません。

記事内容は病気についての記述がありますが、病気の症状には個人差がありますので、最終的な病名の判断はお医者さんにご相談ください。

記事本文中に精神疾患パニック障害の治療に使われるお薬や薬剤名が登場しますが、それは専門医の判断によって私個人へ処方された薬の一例であり、またその薬効には個人差があります。副作用につきましても大きな個人差がありますので、当ブログ内での記述はあくまで私個人の体験談です。すべての方に同様の症状がでるとは限りませんので、当ブログでは一切の責任を負いません。詳しくはお医者さんにご相談ください。

著作権について

当サイトに存在する文章や画像の著作物の情報を無断転載することを禁止します。引用の範囲を超えるものについては、法的処置を行います。尚、当サイト内で使用してある画像は全てリンクフリー画像を使用していますので、著作権等の違反行為はありません。

アクセス解析について

当サイトは、ご訪問頂いた時間、お客様のアクセス元のホスト名、OSとブラウザのバージョン、リンク元のURL等のインターネット接続情報を収集し、アクセス解析をしています。この目的は閲覧者の方が検索サイトからご訪問頂いた場合、どのような検索で当サイトに訪問されたかの解析にのみ使用しており、第3者に公開はいたしません。

当ブログの閲覧方法

お星さま@賢狼ぱに

閲覧方法

当ブログの記事は、パニック障害という病気を、病気の症状が出始めた時から克明に時系列で綴ったブログです。

サイトの構成は、体調不良の体験談→解説→体調不良の体験談→解説 というパターンの繰り返しとなっていますので、第1話(自己紹介からはじめますね)から順を追ってお読みになることをお勧めします。サイトマップを画面上部に設置しています。第1話からお読みいただくと、閲覧者の方が実際に精神疾患パニック障害を体験しているように感じられる構成となっています。病名が分からない状態で右往左往する様子や、心療内科を訪れたにも関わらず医師とのコミュニケーションが上手くいかずに遠回りする様など、克明に記してあります。読み物として耐えうるように、面白おかしく表現している部分も多少ありますが、基本的にノンフィクションの実話です。

 大きく分けると二部構成となっています

●第1話から第36話までは、私の体調不良の原因が精神疾患に起因していると分からないまま過ごしていた日々を書いています。病名が分からない状態で悪戦苦闘する様子を描写しています。

●第37話からは精神疾患パニック障害を患っていることを認識してからの生活を記録しています。病名は分かったのですが、効果的な治療方法が分かりません。また、体調不良の原因の主要素であると思われる仕事を退職したにも関わらず、すぐには体調が上向きません。原因と治療法、治療薬の選定に悪戦苦闘する様子を描写しています。

自己紹介

20161013タイトル画像

はじめまして。当サイトの管理者 賢狼パニ(ぱにたん)です。

1973年生まれの男性です。20歳の頃に勤め先が倒産しました。そしてサラリーマン生活約14年を過ごすこととなる会社から、倒産した時にお声が掛かって、それ以来一生懸命働いてきました。しかし、勤続13年目の頃から原因不明の体調不良に悩まされるようになり、仕事にも影響が出始めました。

結果的に精神疾患パニック障害を患っていることが判明し、会社からは留意されたのですが、退職をして治療に専念することとなりました。現在は99%完治していると言えますが、ここに至るまでの過程は、かなり辛い時期があったのも確かです。

病気の発症時から病名が分かるまでかなりの時間を要しました。病名が判明してからも症状の改善方法が分からず、いろいろと思考錯誤をしました。最終的には完治したと言っても過言ではないのですが、どの治療法や治療薬、治療環境が好結果を生みだしたのか、現在でも確信を持てない部分があります。

時系列で発症から完治までを克明に記録することによって、閲覧者の方の病気に対するヒントになれば幸いだと思っています。比較対象する体験談や体験記があれば、治療方法の選択や生活環境の見直しなどに役立つのではないかと考えています。

サイトマップ

訪問者数 ユニークユーザ数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
記事検索
Amazon.co.jpアソシエイト
アクセスランキング(直近の30日間)
にほんブログ村ランキング
人気ブログランキング
フェイスブックページ
Twitter プロフィール